「炎症」を鎮めます

pills

ピカソやベートーヴェン、芥川龍之介といった芸術家、フロイトなどの学者をはじめ、史上さまざまな人々が苦しんできた偏頭痛。彼らの伝記に書かれるほどの存在感があるこの症状は、もちろん芸術や学問を専門にしているか否かに関わらず、現在も多くの人を悩ませています。
しかしそんな偏頭痛も、現在ではよく効く薬があり、「痛くなり始めたら小一時間何もできなくなる」などといった悩みから、私たちは解放されています。マクサルトというその薬が昔からあったなら、ベートーヴェンはもっとたくさんの素晴らしい楽曲を残していたかもしれません。
ところで、彼らが悩み、今、私たちが悩んでいる偏頭痛というものはどういうものであり、マクサルトはどのようにしてそれを解消してくれるのでしょうか。

偏頭痛とは、現在に至るまで詳しい原因の因果関係などは分かっておらず、ストレスをためるのがよくないとか、不健康な生活習慣が原因であるとかいわれます。しかし少なくとも、偏頭痛が起きているとき、痛んでいる頭部では何が起きているのかは解明されています。マクサルトは頭部で起きている現象を鎮め、痛みをやわらげてくれます。偏頭痛が起きているとき、私たちの頭部で起きているのは血管の膨張、そしてその周囲の炎症です。血管が膨張するとその分だけ頭部が内側から締めつけられ、痛みが生じます。さらに締めつけられている部分が軽い炎症を引き起こすことになります。
マクサルトに含まれる成分は、膨張した血管を再び通常の太さに戻し、炎症を抑える働きがあります。この効果はマクサルトを飲んでから約15分ほどで現れ始めます。