飲みやすいRPD錠

pills on spoon

偏頭痛に悩む多くの人が口にするのは、「一刻も早くこの痛みを何とかしてほしい!」ということ。その気持ちに応える頭痛薬も登場しています。
成分は、すぐ効く偏頭痛薬としてすでに抜群の信頼度を誇るマクサルトそのもの。見た目も普通の錠剤とほとんど同じ。
ということは単なるマクサルトのようですが、実は大きく違います。錠剤の材質が異なっており、通常なら水などを使って喉をすべらせて胃へ送りこまなければならないマクサルトが、水を使わず、舌の上にのせただけで溶けてその成分が体に浸透していきます。このような錠剤は、すでにマクサルトだけでなくさまざまな医薬品に登場しており、RPD錠として知られています。
偏頭痛というのは、TPOをわきまえずにいきなり起こるのが特徴です。仕事中も、街中でも、どこでもいきなりキリキリと痛み始めます。
そのとき、もし家にいたり職場にいたりして、水が近くにあるような環境ならいいのですが、家の外にいて、自販機もコンビニも遠いという場合には普通の錠剤では間に合いません。無理やり水なしで飲むのは、やっぱりあまり褒められたものではありません。
そんなとき、役立つのが「マクサルトRPD錠」なのです。これであれば、とつぜん街中で偏頭痛が起きた場合でも素早く体に薬効成分をとりこみ、症状を緩和させることができます。
ちなみに、RPD錠も普通の錠剤と同じく「1日2錠まで」が原則となっており、眠気などの副作用に注意する必要があります。
便利な薬ですが、飲み方には十分注意しましょう。